上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -- - --/-- (--) --:-- ]  
   Category : スポンサー広告
全記事はここにまとめて
サイトマップ


どうも。

MHP2G@wiki の掲示板の書き込みに感動しているシンです。

(ノ∀`)

いや、雑談掲示板の 「エロい装備教えて!」 スレの話なんですがねw

こんな流れ。




・・・やっぱりやめときますww



さてさて、以前の記事から小説を書き始めた私。

相当心苦しいものがあったんですが、拍手が一回あったのでホッとしたわけなんですw

では、続きを書いていきましょう。

いたたまれなくなったら、すぐにブラウザを閉じてくださいww

以前の記事 → 【MHP2ndG】 対ナルガ戦を短い小説にしてみた?

では、記事ここから。




相棒と、はぐれた。

初めてのフィールドということではしゃいでいたのだが、気付くと彼の気配が消えている。

「?」

さっきまで、後ろを付いてきていた。

それほど遠くには行っていないはずだと思い、樹海探索を中断して相棒の捜索を始める。

ところが、いくら探しても相棒の姿はなかった。

知らず、相当深い所に自分は足を踏み入れてしまったようである。

もうしばらく探してみたがやはり見つからないので、諦めて樹海探索を再開することにした。

「ふぁ?ぁ・・・」

欠伸をひとつ、歩き出す。







「ガァアァアアァァアァ!!!」




と、そこで聞こえた強烈な咆哮。

「・・・これが、ナルガクルガかな?」

なんにせよ、闘っているのは相棒に違いなかった。

このエリアに他の狩人は展開していないはずである。

気を落ち着かせ、咆哮の主、その発する気配を感じ取る。

「近い」

次の瞬間にはもう、駆け出していた。

相棒の心配もそこそこに、迅竜への好奇心が頭をもたげる。

気配は徐々に、強くなってきていた。






「見えた!」

遠く漆黒の体躯が、木々の合間から覗く。ナルガクルガに相違ない。

相棒の姿も確認し、やはり闘っているのは彼だったのだとわかった。

迅竜が相棒に飛びかかっているのが見える。

一撃。避けた。

二撃目。辛うじて避けている。

思っていたより、遥かに素早い。自分でも抜刀時は避けきれないだろう。

と、迅竜の尾が相棒の腹部を強打した。



「!・・・ふぅ」

危ないところだったが、直撃の瞬間に後ろに跳ぶ姿が見えた。

衝撃はいくらか和らいだだろうから、倒れてはいるが死んではいないだろう。


木々の生い茂るエリアを抜け、戦場に躍り出る。

まずは迅竜の気をこちらに向けなければいけない。

殺気を放ち、強力な麻痺薬が塗ってあるナイフを複数、投げた。

まだ効かないようである。

こちらに振り向く暇を与えず、斬りかかることにした。駆ける。

背に負う巨大な剣を、留め具から外し、柄に渾身の力を込める。

「おぉおおぉ!」

背から腹を両断するつもりで、凶刃を振り下ろした。

土くれが飛び散り、大剣が地にめり込む。

つまりは、狙いが外れたのだった。

いい反応をしている。

咄嗟に後ろへと跳び退ったナルガクルガが、唸りを上げていた。

「起きなよ、ファルシス!」

わき腹を蹴り上げる。

「ぼへぅ!」

どうやら、気絶していたらしかった。元気そうだ。

「蹴るなよ・・・俺はお前と違って軽装なんだぞ?」

「さぁ、戦おうか!」







渋々双剣を構える。

なんというか、あんな風に輝く目を向けられたらどうしようもなかった。

「罠は・・・」

「仕掛ける時間は、ないだろうね」

ため息をつき、駆け出した。

地を強く蹴り、瞬間的に前へと跳ぶ。

腰まで捻った腕を振り抜き、迅竜の脚を切り裂いた。

血に混じり、かすかな火の粉が宙を舞う。

続いてもう一方の腕で、同じ脚を貫いた。

「ガァウ!」

あまり効いていない気がする。

剣を引き抜き、背後に回る。尾に首を叩き折られそうになったが、避けた。

その隙に相棒が、大剣を振り下ろしてきている。

僅かに肉を切り裂くも、間一髪で致命傷を与えることは出来なかった。

遠くに飛びのいた迅竜が、立たせた尾をくるくると回し始める。

「なんだ・・・?」

ふと、尻尾の鱗、もしかしたらナイフのような棘が、逆立ったのが見えた。

迅竜は尻尾を強くしならせている。

次の瞬間、反動によって前方にそれが多数放たれた。

「!?」

身を屈め、避けようとする。

それはもはや刃物であり、その一本が腕に突き立った。

軽装なため、薄い鎧はあまり意味を成さない。

相棒は大剣の横腹を盾にし、防いでいるようだった。

「・・・便利なこって」

深く刺さった棘を抜き、捨てる。反撃を試みるため、駆け始めた。









予想外の攻撃だったが、こちらには鉄壁とまでは行かなくとも防御の術がある。

特に気にする攻撃ではなさそうであり、実際どうということはなかった。

ファルシスは、一本喰らったらしい。

あまり傷は気にせず、また立ち向かって行ったようだった。感心である。

対する迅竜は低く構えており、彼に向かって飛び掛るようだった。

「・・・」

ふと思う。まだ試していなかったが、音爆弾や閃光玉は効くのだろうか。

奴が相棒に飛びかかろうとしている。狙うなら今だろう。

試しに、音爆弾を投げてみた。








「―――キィン!」


「!」


迅竜の、動きが止まった。








ぬあ・・・疲れました(ノ∀`;)

なんせ、二日連続で記事を書いていますからね。

昨日の記事は書き始めこそ一週間前でしたが、実際には昨日に全て書いたようなものですしw

まあなんにせよ、この短編小説は次で終わらせることが出来そうです。

うう・・・やはりいろいろとイタいな・・・w

ではでは(ノ∀`)ノシ
[ 2008 - 06/06 (Fri) 20:13 ]   Comment (0)
Theme : MHP2Gゲーム   Category : Monster Hunter
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ambivalent128.blog120.fc2.com/tb.php/24-28e5552e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。