上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -- - --/-- (--) --:-- ]  
   Category : スポンサー広告
全記事はここにまとめて
サイトマップ


どうも。

最近、冒頭の文章が狂い過ぎた事を反省し始めているシンです。

(人ω<`;)

狂った感を出すために「」を使いすぎた私キモいwww

orz

ところで、最近携帯の機種変更をしました。前のは高校入学時に買ったから・・・三年と半年ぶり。
古き相棒(N901ic)に変わり、私の新しいパートナーは N906i となります。

なんという画面の美しさ・・・
いやもう、感激しました。古い携帯と比べると、世の中の技術の進歩が感じられます。

ニューロポインターも健在ですねッ!
これは一度使うとなかなか手放せません。

空き容量もでかくなってますね・・・
N901icは本体にiモーションを2MB(フル四曲分)しか保存できないという脅威の鬼仕様でしたw
いや、当たり前なんですけども。

あと気付いた点といえば、文字変換機能が相当賢くなっているという事。
なんだかいろいろと予測してくれますし、
N901icでは変換できなかった「咆哮」や「魑魅魍魎」や「炯々」が変換できるように!

う?ん(´∀`*)スバラシイ



さてさて。

以前から、PSPが持ちにくいと思っていた私。

何とかならないかということでいろいろ探していると、PSPをPSのコントローラーのようにするオプション品が見つかりましたので、早速買ってみてレビューします。

つまりはPSP専用ポータブルグリップですね。
モンハン用のハンティンググリップを思い出してみて下さい。

アレは新型PSP(PSP-2000)用でしたが、これから紹介するのは旧型(PSP-1000)専用のもの。

では、記事ここから。


今回紹介するのはこれ。

PSP-1000専用 ポータブルグリップ

詳細ページではPSP-2000対応と謳っていますが、レビューによると実際はPSP-1000のみのようです。

パッケージを開けると。



grip02




ち・・・小さくないか?

と思ったら、変形して小さく畳める仕様のようです。

では、両端を引っ張って装着可能な状態に変形させます。

グイ・・・グイ・・・

('A`)・・・

thin 「ぬほぁッ!」

バキィッ!!



grip03




うん。なんだか壊れそうで怖いです。

少し力を入れ、両端が「カチッ」と鳴るまで引っ張りましょう。
(実際は「バキッ」)

さて、PSPを設置します。

下のツメ2つ(下の画像の赤丸囲み部分)に、PSPの下部を引っ掛け、

あとはPSP上部を押し・・・

カシュッ!



grip04




お、なんだかいい感じ。

少し大きいですが・・・持ってみると、うん、持ちやすいです。



grip01




PS3のコントローラーと比べると、やはり大きいですね。

以下、気付いた点をまとめて挙げてゆきます。

■ PSのコントローラーと比べると、若干大きい。

人によっては、持ちにくいかもしれない。

■ 普通のイヤホンは、装着できない。

L字型のイヤホンなら装着可能。例えば、センター試験やそれに準拠した模試で用いるイヤホンがそう。

■ 壊れやすそうだが、意外に壊れない。

2008/3/4 に購入したが、未だ健在。

■ PSP-2000対応と謳ってはいるが、どうやら不可能なよう。

■ 取り付けはいいが、取り外すには少々コツがいる。

下手をすればツメでPSPに傷をつけてしまう可能性も?

■ 装着しながらの充電は可能。

■ 装着しながらのUMDの交換は不可能。

■ そこそこ持ちやすい。また、軽い。

■ わりと安価。いい意味でも悪い意味でも、“値段相応の品質”。


記事書き終わって気付いたのですが・・・実はこの商品、Amazonでは取り扱いを中止していました。

え?・・・そりゃないですよAmazonさんw

しかしながら、類似品は多いため、このレビューはきっと役に立つはずですw

そうですね・・・似た商品だと、

PSP-1000専用 ポータブルグリップ

あたりでしょうか。



珍しくレビューなぞしてみましたが、どうでしたか?

少しでも参考になったのなら、幸い。

では(ノ∀`)ノシ
[ 2008 - 08/28 (Thu) 19:06 ]   Comment (0)
Theme : PSPゲーム   Category : PSP活用法
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ambivalent128.blog120.fc2.com/tb.php/40-f8e9e1ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。